松瀬酒造
滋賀県蒲生郡竜王町大字弓削475
 

取り組みの先に目指すもの

日本酒は原料となる米と水そして、微生物の働きによって成り立っています。特にお米に関しては近年の環境意識の高まりなどもあって、少しずつ無農薬や無化学肥料栽培の方向へシフトしつつあるのではないでしょうか。

ここにしかない味わいを求めて

弊社は、1988年から地元竜王町、そして兵庫県旧東条町(全て特A地区)で主に山田錦の契約栽培を始動し、1992年からは、より上品(エレガント)な味わいを求めて、全ての原料米を契約栽培による生産に切り替えました。

契約農家の方々を通して2002年産より全ての契約農場に「環境こだわり農産物認証」取得し、2003年産より栽培期間中無農薬・無化学肥料栽培米に取り組んでおります。このお米は【AZOLLA(アゾラ)】シリーズに使用しています。

冬期湛水・不耕起栽培

生物多様性やCOP10などの単語が新聞をにぎわし始めた2010年からは、冬期湛水・不耕起栽培という年間を通して無農薬・無化学肥料栽培となる新たな農法にも取り組んでいただいています。この農法は稲刈り取り後、田んぼに水を張ることで微生物の繁殖を促し、食物連鎖の働きにより本来自然界で形成される生態系を再形成することが分かってきています。
また、光合成による水の浄化などの作用もあり絶滅危惧種が発見されたとの報告も各地でされています。

優良な圃場の追求

このような環境にも配慮した取り組みは単に商品の差別化というだけでなく、次世代へ残す優良な圃場を追求することが、この土地でしか味わえない美味しさとなり、お米が美味しいという事は竜王町の自然環境も素晴らしいということにつながって行きます。それは、この土地に感謝するという気持ちとなり、次世代へ繋いで行くことになるのではないでしょうか。

終始一貫の姿勢で

こうして丁寧に育てられた原料米は全て自社で精米を行なっております。その年、その年の気候によって生育状況の変わるお米の状態を見極めながら、また同じ竜王町でも平地・山裾など田んぼの位置する土地の違いによる影響も鑑みながら、どの商品に、どのお米を使用するかの選別をします。その後、酒米の品種ごとに精米データの調整など、酒造りの川上である原料米の栽培から加工まで、一貫して自分たちの目で確認することで、大切な竜王町の恵みである原料米の良さを十二分に活かせるよう取り組みを続けています。

特に滋賀県は環境意識が高く、古くは有機リン入りの合成洗剤がはびこる中、民間を基点にした「粉せっけん運動」が起こったことにもあるように、母なる琵琶湖を守りゆこうという意識が県民一人ひとりに根強くあるようです。2001年には「環境こだわり農産物」の認証制度を設け、農薬・化学肥料を従来の半分以下にする取り組みや、濁水防止啓発活動などを通し、琵琶湖に流れる水の浄化に力を入れています。

◆松の司の日本酒のお買い求めについて

◆当店のこちらのサイトからお買い求めになれます。
お支払方法は「商品代引き」のみで「通常便」での発送になります。別途「代引き手数料」として324円が必要となります。
◆この当店自社サイト以外「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」で同時にお買い求めの商品がある場合には、ショッピングモールでお客様が選択された決済方法にて合算して決済させていただきます。発送もできるかぎり同一梱包させていただきます。
◆他のショッピングモールでお買い求めの商品がございます場合には、その旨メッセージ欄に「ショッピングモール名」と「ご注文者」様のお名前をお書き添えください。
◆ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


松の司 純米吟醸 楽 2016
原料米=滋賀県竜王町産米  精米歩合=60
 『松の司』をよくご存知の方にはお馴染みの“楽(らく)”。
家呑み酒として愛飲されることも多いライトな純米吟醸酒です。

原料米は山田錦と吟吹雪、共に蔵の建つ竜王町でとれた酒米を使用。他の純米吟醸酒に比べアルコール度数が低く、穏やかな吟醸香と優しく落ち着いた味わいです。
冷やから燗まで様々な温度帯で楽しめ、柔らかな口当たりから幅広い料理と合わせて頂けます。
その名の通り、普段使いにゆったりと気楽な心持ちで楽しみください。
¥2.970 1800ml
(税込み金額)
数 量

松の司 きもと純米酒 2016
原料米=滋賀県竜王町産米  精米歩合=65
 酒造りの根本を見つめ直し、“きもと造り”で醸した純米酒。
麹や蒸米を桶の中に入れ、蔵人が手仕事で擦った(=山卸)酒母を酒蔵内に放置し、蔵付酵母が自然とその中に入るのを待ちます。
山卸を行うことによって酵母が繁殖し易い環境となった酒母の中で、他の微生物に淘汰されず生き残った優良酵母が酒を醸すのです。
芯の通った自然な旨み。程よい酸味とキレ。『松の司』らしい穏やかなきもと純米酒です。
冷やからお燗まで、幅広い温度帯での様々な味の広がりをお楽しみください。
¥2.700 1800ml
(税込み金額)
数 量

松の司 純米吟醸 竜王山田錦 ブルー 2016
原料米=山田錦  精米歩合=50
 純米吟醸 竜王山田錦、通称「Blue(ブルー)」。
「Blue」は酒蔵のある滋賀県竜王町の契約農家の方々に栽培して頂いた山田錦の中から、その年もっとも良質と判断した米を用いて造ります。地元の土と人によって育まれた米、そしてこの土地の水と気候で仕込んだ、正に竜王のテロワールを宿すお酒です。

爽やかな香りと共に、瑞々しい果実味とふくよかな旨味・透明感を持ち合わせた味わいに、「まるで上質な白ワイン」と表現される方もいらっしゃいます。

竜王の風土が生んだ『松の司』の中核を担う純米吟醸です。
¥4.212 1800ml
(税込み金額)
数 量

松の司 純米吟醸 アゾラ 2015
原料米=山田錦  精米歩合=50
 『松の司』の酒米への取り組みを象徴する商品のひとつがこの“AZOLLA(アゾラ)”。
酒蔵の建つ滋賀県竜王町という土地への感謝と自然環境への配慮から、契約農家の方々にご協力頂き「栽培期間中無農薬・無化学肥料栽培」で育った竜王産山田錦のみを使用したオーガニック純米吟醸です。「無農薬・無化学肥料」と書けばたった10文字足らずですが、契約農家の方々の大変な手間と努力の上に成り立っています。

口に含むと、香り高く、細く繊細な味わいの中に米の力強さを感じさせる輪郭を持っています。竜王町の人と土、そして酒造りの伝統が共働して生まれる味わいをご賞味ください。

※Azollaとは水田や湖に浮かぶウキクサの学名。このウキクサが水面を覆う事で雑草への光を遮断し、農薬に頼らずに雑草の成長を抑える働きもあるようです。
¥4.860 1800ml
(税込み金額)
数 量

松の司 純米吟醸 白ラベル(旧) 2015
原料米=山田錦  精米歩合=55
竜王町産の山田錦を75% 、兵庫県東条町産山田錦を25%b使用した旧規格の純米吟醸です。
 『松の司』ミドルクラス純米吟醸酒のスタンダード商品。その1番のポイントは“バランス”です。

香りはあくまで柔らかく爽やか。口の中で広がる旨味も何か一つが突出することなく、キレイにふくらみ、長すぎない余韻が程良く消えます。
ともすれば「平坦な味」「物足りなさ」になってしまいがちな難しい造りですが、これまでの吟醸造りで培ってきたノウハウをこの繊細な“バランス”に集約しました。

様々なシチュエーションで、様々な料理に合わせ、色んな方と一緒に呑んで頂きたい、そして末長く愛して頂きたいお酒です。
¥4.104 1800ml
(税込み金額)
数 量

松の司 純米吟醸 白ラベル(新) 2016
原料米=山田錦  精米歩合=55
全量竜王町の山田錦を使用した新規格の純米吟醸です。
ラベル文字に茶色のグラデーションが入りました。 
『松の司』ミドルクラス純米吟醸酒のスタンダード商品。その1番のポイントは“バランス”です。

香りはあくまで柔らかく爽やか。口の中で広がる旨味も何か一つが突出することなく、キレイにふくらみ、長すぎない余韻が程良く消えます。
ともすれば「平坦な味」「物足りなさ」になってしまいがちな難しい造りですが、これまでの吟醸造りで培ってきたノウハウをこの繊細な“バランス”に集約しました。

様々なシチュエーションで、様々な料理に合わせ、色んな方と一緒に呑んで頂きたい、そして末長く愛して頂きたいお酒です。
¥3.780 1800ml
(税込み金額)
数 量

 
 松の司 純米吟醸 あらばしり
 原料米=山田錦  精米歩合=55
 毎年、年末に最初の清酒としてリリースされる純米吟醸“あらばしり”。極限られた数量の季節商品でありながら『松の司』純米吟醸の一つの顔として愛されて来ました。
そもそも“あらばしり”とは醪(もろみ)を搾った際、一番最初に垂れてくる清酒のこと。その後、段階的に呼び名が変わりますが、この純米吟醸“あらばしり”は搾りの段階からではなく、その年の酒造りの最初に蔵出しされる清酒ということから名付けられました。
通常商品の純米吟醸の繊細な“バランス”はそのままに、生酒らしい旨味とフレッシュ感、そしてリンゴなどを思わせるさわやかな果実味がスッと口の中に染み渡ります。上品で透明感のある味わいと香りをお楽しみください。
 ¥3.780 1800ml
(税込み金額)
数 量